Note

NO MUSIC, NO LIFE
流れるのは幸せな時間(とき)と音楽(おと)

2022/6/13

「専門学校のクラスメイトでした」「二人ともライブ参戦が大好きで、、、」

たくさんのイベントとこだわりぬいた音楽でゲストと一緒に楽しむ披露宴にしたいと話すお二人との出会いは、結婚式から2年も前のこと。
コロナで延期を経験しながらも、長い時間を共有してきたふたりの絆は深く、交際から10年目の記念の年に結婚式を挙げました。

前撮りは想い出の詰まった校舎で恩師にも参加しもらいながら。
学生時代に見た屋上からの夕陽を今度は夫婦として記念写真に残し、せっかくならと準備期間も楽しみます。

.

待ちに待った当日。

出発式では花嫁支度を整えてもらう「筥迫・懐剣の儀」を新婦のお母様にお願いし、神社への道中も写真に残せるよう、全員で歩いて神社へ向かう花嫁行列を取り入れます。

.

1.jpg

.

家族・友人に見守られて神前式をしたお二人がホテルへ到着すると、一足先に着いたゲストが花道を作り折鶴のシャワーを降らせてお祝いしました。

披露宴会場に進んだゲストを迎えたのは、工夫を凝らして考えた晩餐会スタイルのテーブルレイアウトと桐箱に名前が書かれたギフト席札。

箱をあけ世界に一つだけのカップを手に取るゲストの表情も、ふたりのおもてなしに溢れた披露宴のはじまりを感じワクワクしたものに。

.

2.jpg

.

ウエルカムスペースにはこだわりのライブグッズとおすすめの楽曲を用意し、披露宴のセットリストも好きなバンドの曲で二人らしさを表現しました。

お色直し入場は新婦のドレスだけでなく、新郎の衣装との組み合わせをクイズにして難易度UP!

.

3.jpg

.

お子様ゲストが一生懸命に運んでくれたウエディングケーキは、新郎たっての希望で1段から3段に変更し、プレートはお二人に欠かせない「NO MUSIC,NO LIFE」の文字をデザインしたものです。

.

4.jpg

.

友人からのスピーチや余興で笑いあり涙ありの時間を過ごした後は、歌の上手な新郎から新婦へサプライズプレゼント。
ゲストに協力してもらい、歌いながら会場中から薔薇の花を集めて花束をつくると、驚く新婦のもとへ。

出来上がった花束と婚約指輪を手渡し、結婚指輪の上から婚約指輪をつける"エンゲージカバーセレモニー"で永遠の愛にふたをしました。
嬉しそうな新婦の表情とゲストの止まない拍手に満ちた素敵な時間となりました。

.

5.jpg

.

6.jpg

.

ゲストと一緒に楽しんだ時間をエネルギーにして、これから笑顔と音楽があふれる家庭を築くお二人を心より応援しております。末永くお幸せに!

In  郡山ビュ―ホテルアネックス 3F UZUMINE

.

7.jpg

.

 Another report