Note

みんなをちょっと驚かせるくらいがいい
和で、クラシカルで、一緒に盛り上がる披露宴

2022/2/23

「列席経験の豊富なゲストが多いから、みんなをちょっと驚かせるくらいがいい」

披露宴ではゲストが一緒に盛り上がってくれるよう、自分たちが納得する演出やアイテムに時間をかけ考えたお二人。

お打ち合わせを進める中で「和装で入場するのだから、会場もとことん和をテーマにしたい」「両親が結婚式を挙げた時代のような、すこし懐かしくて逆に新しい感覚を楽しみたい」と徐々にワクワクがカタチをもち、一つ一つ実現していきました。

迎えた当日、ついに披露宴が始まるとシダや竹が空間を彩り〝和″を伝える会場コーディネートがゲストをお迎えします。
家族との鏡開きやゲスト全員に名前の入った枡を用意し、その枡に注いだ日本酒で乾杯。

お二人の中座中はゲストとの写真もふんだんに使って仕上げた手作りのプロフィールムービーを上映するなど、
次々にお二人が用意した演出が光を浴びてゲストを退屈させません。

友人が手掛けたキャンドルを使用したキャンドルサービスで再入場し、高さ3Mのウエディングケーキに入刀するなどクラシカルで「和」とは異なる二人のこだわりも表現!

キャンドルサービスではゲスト一人一人と会話をしながら笑顔をこぼすお二人の姿が印象的でした。

多くのイベントを楽しみながらもメリハリよく、結びにしっかりと両親への手紙やゲストへのお礼の言葉を伝えたお二人の披露宴。

おひらきの後も家族や友人に囲まれ笑顔がたえない時間となりました。

末永くお幸せに

In 郡山ビュ―ホテルアネックス 4F HANAKATSUMI

挙式の記事はこちらから

.

1.jpg

.

2.jpg

.

3.jpg

.

4.jpg

.

5.jpg