Note

心から楽しんでもらうことがおもてなし
感謝を伝え、受け取った結婚式

人生の区切りとして、これまでお世話になった人たちへの感謝の気持ちを伝えたい。
初めての相談会からご結納式、そしてご披露宴まで専任プランナーがサポートさせて頂きました。

「気張らず、格好つけず、誰も気を遣わず、アットホームで心から楽しい披露宴にできたらいい」と誠実にお話しする新郎様。「ゲストが幸せを感じられる披露宴にしたくて、しめっぽいのはなし」とにこやかな新婦様。

結婚式をどう過ごすか、自分たちの目的を確かめながら話すお二人の打ち合わせは、いつも互いの希望をうなずきながら静かに共有していました。

好みのアイテムを選びながら、ゲストのことを想い作り上げた披露宴。
期待と緊張が高まる当日、会場の扉が開くとこれまでお世話になった大切な方の拍手と笑顔がお二人を迎えます。

アットホームさを大事にした進行は、新郎自身の言葉でおもてなしの気持ちを表現するウエルカムスピーチからスタート。手作りのプロフィールムービーの上映や試食をして美味しさを確かめた称号獲得シェフのオリジナルコースでゲストをもてなします。

幸せのおすそ分けとしてゲスト全員へ配ったウエディングケーキにはある仕掛けが。
配られたケーキの中に5つだけ甘くコーティングしたアーモンドが入っている"ラッキードラジェ"のイベントで、幸運なゲストへプレゼントをお渡ししました。

そしてお箏やサックスの演奏、同僚や教え子からのサプライズムービー、写真を撮りに次々と高砂に訪れるゲストたち。ゲストからもお祝いの言葉や表情を、時にはこの日の為に用意してくれたパフォーマンスを通してお二人へ伝えられます。

披露宴の結びに「皆さんへ感謝を伝えるはずだったのに、それ以上に自分たちがまた幸せな想いを感じさせてもらった」とゲストへ深くお礼を伝える新郎様の言葉はとても印象的でした。

どうぞ末永くお幸せに!

In 郡山ビュ―ホテルアネックス 3F UZUMINE

With ディシプル・オーギュスト・エスコフィエ獲得
   副統括料理長 樋口監修 オリジナルコース


1.jpg

.

6.jpg

.

2.jpg

.

3.jpg

.

4.jpg

.

5.jpg